2016.07.19(火)選手

U20世界選手権 意気込みコメント(男子)

◎U20世界選手権大会ページはこちら

■100m/4×100mR 竹田 一平
初めての世界大会ですが、臆することなく全てを出し切って自己ベストを出してきます。そして、しっかりメダルを取ってきます。

■100m/4×100mR 大嶋 健太
世界大会は今回で2回目となりますが、ユース五輪では悔しい思いをしたため、U20世界選手権は、今年最大の目標としていました。勝負に勝つことにこだわって、メダルの獲得を目指して頑張ります。

■200m/4×100mR 山下 潤
過去の海外遠征での経験を生かして、レースに挑戦していきたいと思います。予選から厳しい戦いになると思いますが、心に余裕を持って、目標の金メダルを目指してがんばります。

■200m/4×100mR 犬塚 渉
200mではメダルを目標に頑張ります。4×100mRではジュニア記録で金メダルをとります。

■400m/4×400mR 松清 和希
初めての世界レベルの大会ですが物怖じせずにいつも通り試合を楽しんで走りたいです。その中でしっかりと結果を求めてしっかり入賞してきたいと思います。

■400m/4×400mR 北谷 直輝
初めての世界ということでとても楽しみであり緊張しています。自分の力がどこまで通用するのかわからないのですが、不撓不屈の精心を持ち全力で世界の人たちと勝負します!

■4×400mR 小渕 瑞樹
今回は個人ではなく、4×400mリレーのみですが選んで頂いたからにはしっかりと自分の力を最大限に発揮して自分に出来ることを活かしチームに貢献どころかそれ以上の活躍ができるように精一杯頑張ります。

■1500m 阪口 竜平
初の日の丸を背負っての試合となりますが最高の舞台で最高のパフォーマンスが出来るよう、日頃から支えて下さっている方々に良い結果報告が出来るように精一杯頑張ってきます!

■5000m 遠藤 日向
去年の3000mで世界ユースに出場し3位以内に入りメダル獲得が目標だったのですが、5位ということで今年また5000mの方で世界ジュニアに選ばれたので今年こそ3位以内に入れるように頑張ります!応援よろしくお願いします。

■5000m 阿部 弘輝
今回は、U20世界陸上競技選手権に選出していただきありがとうございます。私としては、世界の舞台で走るということは、初めてですが大きな舞台でも力を発揮できるよう頑張りたいと思います。また、今後の陸上競技の向上に発展できる経験もできると思いますのでしっかり学びたいと思います。目標は、入賞です。

■10000m 關 颯人
初の世界大会、日本代表となりますが積極的なレースをして良い経験を積んできたいと思います。自己ベストで入賞出来るように頑張ります。

■10000m 鬼塚 翔太
前回もこの大会に出場させていただいたのですが、あまり良い走りをすることはできなかったので、今回の大会では、その悔しさを持って走り、入賞目指して頑張りたいと思います。

■110mH 古谷 拓夢
U20世界選手権は前々から、目標としてきた大会です。出場するからには、メダル獲得を目標に世界の選手と戦いたいと思います。ハードルは普段の跳んでいる高さより、低いですがしっかりと調整をして、持ち味の後半伸びのある走りをしたいと思います。今からとても楽しみにしています!

■110mH 平松 パプデンバ
今回の世界ジュニアは自分にとって初めての世界大会です。高校時代から目標にしてきたところでもありとてもワクワクしています。夢であるオリンピック表彰台への通過点としていつも通り思い切り走りたいです。また、同種目の2年生、古谷さんと110mHの日本代表として世界に挑みますが、先輩に頼らず自分が勝つつもりでメダルを目指して頑張ります。

■400mH/4×400mR 渡部 佳朗
U20世界選手権では決勝進出、メダル獲得を目標にしたいと思います。アジアジュニアでは思うようにタイムを出すことができなかったので、今回は攻めていきたいと思います。なによりも世界の舞台で走れる喜びを噛み締めながら楽しんでレースします。

■400mH/4×400mR 山本 竜大
今シーズンは走る度にベストを更新できています。応援・サポートをして下さる方々に感謝し、今持っている力を充分に発揮して表彰台に登ります。

■3000mSC 荻野 太成
みなさんの期待にこたえられるように精一杯頑張ります。

■100000mW 川野 将虎
今回日本代表に選出いただきありがとうございました。前回出場した世界競歩チーム選手権では納得のいくレースが出来なかったので、今大会でリベンジして金メダルが取れるように頑張ります。応援よろしくお願いします。

■100000mW 山本 龍太郎
U20世界選手権大会に日本代表として参加させていただくことに感謝いたします。代表としての自覚とプライドをもち、力のすべてを出してきたいと思います。

■走高跳 平松 祐司
リオを諦めたあの悔しさをU20世界選手権で晴らします。この日本チームで1番と言っていいほど、想いは強いです。金メダル以外はいらない!

■走高跳 藤田 渓太郎
初めての世界大会となりますが、臆する事なく力を最大限発揮してメダル獲得を目指す。また、自分の殻を破る1つのきっかけに出来るよう努めますので、応援よろしくお願いします。

■棒高跳 江島 雅紀
自己ベストを更新してメダル獲得が出来るよう頑張ります。よろしくお願いします。

■棒高跳 大久保 圭介
U20世界陸上競技選手権大会に選んでいただき嬉しく思います。実力以上のものを出さなければ戦えないので、選手として選ばれた責任、自覚をしっかり持ち予選から全力を出し切っていきたいと思っています。

■走幅跳 足達 一馬
初めての世界の大会で本当に緊張すると思いますが、日本代表に選んでいただいたからには必ずベストを出して入賞できるように頑張ります!

■走幅跳/4×100mR 橋岡 優輝
自分の持てる力を最大限発揮し、三位入賞を目指します。応援よろしくお願いします。

■三段跳 原田 睦希
国際大会は、いつも以上にいつも通りが求められる場だと思っています。いつも通り楽しんで試合に臨めれば、自ずと結果もついてくるでしょう。応援よろしくお願いします。

■砲丸投/円盤投 幸長 慎一
世界ジュニアは最も大きな大会です。また他国の選手の方もレベルが高く試合に出場できるだけでも嬉しく思います。当日までうまく調整をして怪我や体調を崩すことなく万全な状態で試合を挑みたいと思います。よろしくお願いします。

■円盤投 安藤 夢
アジアジュニアではしっかりとベストを出しメダルも取れたので今回は60m以上を投げ、メダルを取るつもりでベストを尽くして頑張ります!

■やり投 佐道 隼矢
U20世界陸上競技選手権では、自分の中のリズムを崩さず、優勝目指して頑張りたいと思います。さらに選んで頂いた方々、これまで支えてくださった方々への感謝の気持ちを持って投げきりたいと思います。応援よろしくお願いします。

■やり投 池川 博史
この度U20世界選手権の男子やり投に出場させていただくことになりました。春先から技術安定と好調の流れを本番でしっかりと力を発揮し、まずは自己ベスト(70m03)を出して、入賞したいと思っています。

JAAF Official Partner

JAAF Official Sponsor

  • 国立スポーツ科学センター
  • JAPAN SPORT COUNCIL 日本スポーツ振興センター
  • スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
  • 公益財団法人 日本体育協会
  • 日本アンチ・ドーピング機構