English
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • youtube

トピックス

熊本地震復興支援のための募金活動の報告について

熊本地震で被災された皆様、ご家族の皆様に、心よりお見舞い申し上げます。また、被災地の一日も早い復興と、皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。
この度、日本陸上競技連盟では、アスリート委員会が中心となり各大会の出場選手たちの協力を得て熊本地震復興支援のための募金活動を実施いたしました。
各大会にご来場の皆さまのご協力ありがとうございます。
実施状況をご報告いたします

アスリート委員会代表 髙平選手からのコメント

熊本地震復興支援募金活動の報告とお礼

この度は、熊本地震に関する募金活動にご協力頂き、誠にありがとうございました。
4月23・24日の兵庫リレーカーニバルから本日のセイコーゴールデングランプリ陸上2016川崎までに受け付けた支援金は総額で110万1,630円となりました。
皆様からお寄せいただいた支援金は日本赤十字社「平成28年熊本地震災害義援金」を通じ、被災者・被災地の援助・復興の資金などに使われます。

引き続き、アスリート委員会は復興支援活動を行っていきますのでご協力の程よろしくお願い申しあげます。

熊本地震で亡くなられた方々のご冥福をお祈りし被災された皆様へ心からのお見舞いを申し上げます。

公益財団法人日本陸上競技連盟
アスリート委員会
代表 高平 慎士

 

実施状況

※2016年5月9日現在 合計額:1,101,630円

兵庫リレーカーニバル (4月24日) 217,436円
織田記念国際陸上 (4月29日) 224,150円
日本選抜和歌山 (4月30日、5月1日) 48,150円
静岡国際陸上 (5月3日) 238,978円
セイコーゴールデングランプリ川崎 (5月8日) 372,916円

募金取扱

皆様からお寄せいただいた募金は、日本赤十字社 「平成28年熊本地震災害義援金」を通じ、被災者・被災地の援助・復興の資金などに使われます。

実施大会報告

兵庫リレーカーニバル(4月24日)

熊本県出身の江里口匡史選手(大阪ガス)を始め、兵庫リレーカーニバルに出場した12名の選手の呼びかけに対し、217,436円の募金をいただきました。

織田記念陸上(4月29日)

髙平慎士選手、澤野大地選手(富士通)を始めとした、織田幹雄記念国際陸上競技大会に出場した12名の選手の呼びかけに対し、224,150円の募金をいただきました。

日本選抜和歌山(4月30日、5月1日)

宮坂楓選手(ニッパツ)、小木曾麻佑選手(歩アスレチックス)、前田和香選手(スーパーホテル)が活動を行い、48,150円の募金をいただきました。

静岡国際陸上(5月3日)

地元静岡の高瀬慧選手を始め横田真人選手、大森郁香選手などの声がけにより238,978円の募金をいただきました。

セイコーゴールデングランプリ川崎(5月8日)

アスリート委員会代表の高平慎士選手(富士通)、リオデジャネイロオリンピック内定の谷井孝行選手(自衛隊体育学校)、森岡紘一朗選手(富士通)、男子20km競歩世界記録保持者の鈴木雄介選手(富士通)ら多くのアスリート、また高桑早生選手、中西麻耶選手らパラアスリートも参加して募金活動を行いました。
多くの観客の皆様にご協力いただき、大会、クラブなどで事前に集めていただいた募金を含めて、372,916円が集まりました。