フォト

【2017世界陸上:第10日目】8月13日デイリーハイライト
2017.08.14(月)

【2017世界陸上:第10日目】8月13日デイリーハイライト

男子50km競歩はトリプル入賞!
荒井が銀、小林が銅、丸尾が5位!

世界選手権最終日の8月13日は、男女競歩種目がバッキンガム宮殿前に設置される1周2kmの周回コースで実施されたのちに、ロンドン・スタジアムでイブニングセッションが行われるタイムテーブル。日本勢は、男子50km競歩、男子20km競歩、女子20km競歩に7名の選手が出場しました。
 7時45分にスタートした男子50kmには、昨年のリオ五輪で銀メダルを獲得した荒井広宙選手(自衛隊体育学校)、小林快選手(ビックカメラ)、丸尾知司選手(愛知製鋼)の3選手が出場しました。レースは、世界記録保持者のヨアン・ディニ選手(フランス)が序盤から飛び出す展開となり、そのまま逃げ切って3時間33分12秒の大会新記録で優勝しましたが、日本勢は、荒井選手と小林選手が2位集団につけ、荒井選手がこの集団をコントロールする形でレースを展開していきました。37kmすぎで荒井選手がペースを上げ、これに小林選手がついてからは“二人旅”に。以降は、荒井選手がペースをつくる形で、世界選手権初出場の小林選手をアシストしました。・・・続きはこちら

世界選手権派遣選手一覧はこちら

JAAF Official Partner

JAAF Official Sponsor

  • 国立スポーツ科学センター
  • JAPAN SPORT COUNCIL 日本スポーツ振興センター
  • スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
  • 公益財団法人 日本体育協会
  • フェアプレイで日本を元気に|日本体育協会
  • 日本アンチ・ドーピング機構