フォト

【2017世界陸上:第9日目】8月12日デイリーハイライト
2017.08.13(日)

【2017世界陸上:第9日目】8月12日デイリーハイライト

日本、男子4×100mRで銅メダル!
ボルト、まさかの負傷棄権で幕引き

世界選手権も残り2日となった8月12日。大会9日目のこの日は、モーニングセッションで男女ともに4×100mRと4×400mRの予選が行われ、男子4×100mRと男子4×400mRに日本チームが出場しました。
 男子4×100mRでは、2組3着+2の条件で行われ、日本は1組目に登場しました。1走から順に、多田修平選手(関西学院大)、飯塚翔太選手(ミズノ)、桐生祥秀選手(東洋大)、ケンブリッジ飛鳥選手(Nike)のオーダーでレースに臨み、アメリカ(37秒70)、イギリス(37秒76)に次いで3着・38秒21でフィニッシュ。同日のイブニングセッションで行われる決勝に進出しました。なお、第2組では、予選からウサイン・ボルト選手がアンカーを務めたジャマイカが37秒95で1着となり、決勝に駒を進めています。・・・続きはこちら

世界選手権派遣選手一覧はこちら

JAAF Official Partner

JAAF Official Sponsor

  • 国立スポーツ科学センター
  • JAPAN SPORT COUNCIL 日本スポーツ振興センター
  • スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
  • 公益財団法人 日本体育協会
  • フェアプレイで日本を元気に|日本体育協会
  • 日本アンチ・ドーピング機構